2007年10月07日

小旅行

というワケで宮島へ。王子、新幹線初体験<ばぁばは昨年だったというのに
レールスターで快適に行って来ますた。

初っ端、座席探して

Σ( ̄□ ̄)!?

・・・。あの、そこ、ウチの席です老夫婦。
「恐れ入ります、ワタシのチケットもその席なのですが」
とチケット拝見しても同じ席、だけど何かヘン。
お互いに、ありゃこの席ですな、そうでございますねぇ、と言いつつ。横の奥様不安そう、王子は(・◇・)??座ったらダメなのおかーさん、と服掴んで小首を捻ってます。

お互い「・・・」となりつつ、とりあえず落ち着いて座ってらした人生の先輩にそのまま席を譲って空いたトコに座ってました。
王子はえー?えー?と買った玩具持ったまま横の番号見てますし、チケット何回見直してもやっぱし間違ってないですし、ううん。

さーっと颯爽と歩き去ろうとしていた車掌さんを何とか呼びとめ(気づいておくれよ)チケット確認。

結果、老夫婦、新幹線乗り間違っておられたですが。
しかも乗り遅れてらしたですが。
「お持ちなのは35分のチケットですが、こちらは59分発の路線でして・・・」
「あ、そうかそうか。じゃ新神戸で次のを待てばよろしいのか」
「いえ、そうではなく、お乗り遅れでらっしゃいまして、自由席にご乗車賜りませんと・・・」
「何で。チケットもってますやんか」
「いえですから・・・」
車掌さんが慇懃なほどの丁寧な口調で数回説明しても、「新神戸で降りて乗り換え?」とご夫君が繰り返しておられ、奥さんが「貴方・・・」、と口をはさもうとしてもさくっとなかったことにされ。いや、口調は紳士だし服装も紳士だったですけど。

そうこうしてるウチに、仮で座っていた席の乗客が来られて(タイミング悪ッ)気まずい沈黙、隣のやりとりを事情がまだ飲み込めてない王子とともに固唾を飲んで(←おおげさ)見守ってたですが。

とりあえず、老紳士の「何とかならないの」に折れた車掌さんが、空席がないか確認しましょうね、で一旦後部の空座席に移られたのですが。ご丁寧な謝罪を頂きつつも、

何でどっか行く度にネタが降って来んねん

と切なくなりました。
お天気にも恵まれ、後は順調だったですけどね。ええ、、



07:35│親子漫才 | |blogram投票ボタン|日コマ雑記帖

ヒトコト

1. Posted by とってぃ   2007年10月15日 17:13
おや!
近くに来られてたんですね♪
相変わらず、ネタには困らないみたいでww