2007年05月18日

行ってきたです

自動机さんのイベントに。
朝から3コマとりまして。
・・・とりまして。

個人的に2コマは「当たり」で1コマは「大外れ」でした。自動机さんのセッション。居眠りには最適だったと思う、アレ

以下あくまでワタシ寄りのメモです。参考に「ならない」こと間違いなし。
1コマ目のぐーぐるあーすのは中々興味深く。
出来るのは知っていても、実例には存外お目にかかったことがなかったので(知らなかっただけかも知れないけど)
写真はったりポリゴン貼り付けて立体表現したり・・・。
発想次第で色々できそうですし、実際災害のときなんかに役立つような事例も紹介されてました。ほほぅという感じです。

2コマ目。今度は土木。電子納品のコマです。
civil3D使ったコトなかったので、ぐーぐるとの連携なんかも、ほほぅと聞いておりました。
このコマは、「興味あるけど使ったコトないよ」とか「電子納品まではまだやったコトないの」ってヒトには興味深かったかもです。ワタシは結構楽しめました。

今回、「ai-Nil」と「HI-CADforCivil3D」が紹介されてましたのですが。

「ai-Nil」。これの学習機能をリアルタイムで見てきたんですが、一回手動でレイヤ分けた後、かなりの精度で振り分けられるようです。
画層とかで判断してるようですが、判断材料はそれだけではなさそうな・・・?
デモだけだったのでそのあたりあまり詳しくは分からなかったです。
見てる分には面白かったですよー。
同一平面から起こした横断図なんかだと有効なのかもですが、手動で横断作成されてる場合なんかだと半自動レベル止まりかも知れませんです。

「HI-CADfor・・・」のほうですが、コイツはCivilユーザでもバリバリ土木でもないワタシには逆に「え!?Civilってこんなコトもできないのー??」という印象でした。
ええー、みたいな。びっくりした。

ブースにいらしたデスクさんのスタッフによりますと
「あくまで土木向け「汎用」CADなんで・・・。ベースがAutoCADですからやろうと思えばそりゃ何でもかけますけど。あまり専門に特化してしまうと汎用性がなくなるので・・・。
特化する必要がある部分をツールなどで強化していただくと。そういう商品です」

やっぱり所詮はアドオンってことなんでしょか。
土木向けベース商品って位置づけなのかなぁ。うーん、でも結構いいお値段にシステム用件のようですけど・・・。あぁ自動机ラインナップだからそれはしょうがないのか。

んで、Civil2008からぐーぐるさんとの連携とか写真を立体的に貼れるようになったりとかしてるみたいです。
・・・いや、写真をさ、地形に合わせて立体的に貼れるってのはそれは機能として当然実装しておくべきだったんじゃないのかなとかも思うわけですけどソレはソレとして。

で。3コマ目。
・・・正直言います。冗談ヌキで居眠りに最適でしたよコレ。
2008ってどんなもんなのかなーって思って覗いたんですけど。
50分かけて長々説明するような内容なのかよアレがって感じでしたねヒトコトで言えば。アレが目玉ってんならグレードアップの必要はどこにもなさそうに思えるんだけど冗談ヌキで。
エクセルとの双方向連携できるようになりました、以上。みたいな内容だった。
要約したらそれしかなかったんですよ本当に。
多少うとうとしちゃったんで(にーちゃんには申し訳ないが)、聞き逃したのかもと思ったけどそうでもなさそう・・・。

いやソコじゃないんだ!、という無言のツッコミはやっぱり届きませんでした。

そういうわけで。
時間もあるしついでだから聞こうかなぁと思ってた最終コマ(4コマ目は休憩するつもりで)はコレでどーっと疲れがでてしまい取るのやめて帰りました。
自動机さん推奨のカスタマイズってどんなんだろー、って興味あったんですけどね。

試用版CDを戴き、パンフ類も戴いて帰りました。
一応の報告メモと口頭報告はしましたので、会社でデモ使えるかもーとちょっと期待しております。
・・・家のPCじゃ動きませんですから、ええ。

そんな感じで。
平日ですが結構混んでました。
いつかまた機会があったら、実践型の講演をちょろっと覗いてみたいですー。

22:38│1コマ劇場 | |blogram投票ボタン|日コマ雑記帖