2006年03月04日

聞いてませんから!

にっこり微笑って 2割り増し時給 を請求してやろうかゴルァ

って内心うっかり思ってしまったとしてそれがうっかり背後ににじみ出たところで誰がワタシを責められようか<社会人としてどうなのかという問題

どーゆーことかと申しますと。

シッカリバッチリ資料をありとあらゆる角度で検証なんかしてみたりして急かされながら必死に作ったのにもっとこーしてくれあーしてくれこんくらいスグやんな?とかテメェの都合だけでモノいいやがる上長@次の現場でアタマが一杯に振り回されながら作成した図面by1つのファイルで4つの図面対応スーパーマルチが何故かどしてか「役所がそー言うから」(正確には役所じゃなくて担当してる人間が)ってだけで反論のヒトツもせず

元のカタチに戻してくれ

しかも移動するアンタの都合で図面提出新規も合わせて火曜日アサイチなんだってさ。
で。

どよーびでれるよね?時間はそっちの都合でいいから(満面の笑み)

ココロノソコカラオコトワリダ

ナンデテメェのワガママでワタシが王子を泣かせなきゃなんないのさ?
っつーか。はじめからワタシが唯々と頷くのが前提になってるだろ?
何の反論もせず事前確認もせず引き受けてきやがりくさってコノヤロー。ワタシが自分の都合をどうにかしてくれるだろーとかてきとーに都合よく考えただろ

甘いわ

とりあえずその場は爽やかにやりすごし、上長が席を外したとき、次長が
「どよーびどーとか言うてへんかった?」と振ってくれたので、

「いうてはりましたねー。でもまぁはじめっから出る気なんてさらさらないんで

とすっぱり断言。
反応は、そらそうやろなぁ、というごくあっさりしたものでした。
そらそうですよ。理由が理由だもん。
しかも、もともと3/中旬の図面になってたのも、ぜーんぶひっくるめてこーんな暴挙にでたんだからね

空気が重いなぁとか上長が空笑いするのをさらっと流して、鬼のような勢いで片付けました。ええ。片付けましたとも。
夕方、無事にノルマを果たし、これならどよーびでなくていーですよねー、と笑顔で念押しして定時に帰宅しました。

これくらいでないと、働く母はつとまらんのじゃ。


12:39│職場小噺 | |blogram投票ボタン|日コマ雑記帖